掘り出し物の賃貸物件を見つけた

私は賃貸物件を探していた。 突如、会社から転勤を命じられ、 埼玉から愛媛の松山へ引越ししなければいけなくなったからであった。 住居は自分で探し、会社名義で契約することになっていた。 未知の土地である。 ネットで探し始めたものの、どの辺りがいいのか見当もつかなかった。 https://www.sou-un.jp/

とりあえず、  1.会社から遠くないところところ  2.家賃75,000円以内  3.子供ががっかりしない家 という3点の条件を中心に探し始めた。 特に、3番目の『子供ががっかりしない家』というのは重要だった。

転校は子供にとって大変なことだ。 その精神的負担を少しでも和らげるために、きれいな住みやすい家を探す必要があった。 とりあえず、数件ピックアップし、松山に飛んだのだった。 しかし、一件一件、現物を見せてもらったが最悪である。 がっかりするようなものばかり。「写真は気合入れて撮りますからね」という不動産屋さんの言葉を裏付けるかのように、 ネットで見た画像と現物のギャップの差には泣かされた。 他の紹介された物件を見ても、どんどん暗くなるばかり。 「こんなのしか無いのかよ」と胸中おだやかでない。しかし、あきらめてはいけない。 どんどん不動産屋さんをあたっていった。 その努力の甲斐あってか、だんだん良好な物件が見つかっていく。

そして、ここで最後にしようと決めた不動産屋さんでのことである。 「持ち家タイプの一戸建てはどうですか?」という。 築年数が古かったので、全然期待しないで下見に行ったのだが、これが素晴らしいではないか。 「えっ?これ、本当に賃貸?」 と思ったほどの2階建ての立派な家だった。 広い庭もあり、駐車場も2台分ある。

元々、喫茶店のオーナーである大家さんが住んでいたという家で、 売りに出したが売れなかったので、貸しているということだった。納得である。 こうして家族も大満足の家を探すことができたのであった。 『ネットよりも自分の足でとことん探す』これが良い賃貸物件を探す秘訣のようである。